勧誘電話のある投資向け不動産会社の評判まとめ

投資用ワンルームマンションの勧誘電話とは?

HOME » 投資用マンション販売のレイシャスを調査 » 勧誘電話の内容

勧誘電話の内容

株式会社レイシャスという不動産投資会社から、勧誘電話を受けた時の内容を書いた。

株式会社レイシャスからの勧誘電話の内容

株式会社レイシャスからの勧誘電話の内容いつもどおり会社で仕事をこなしていると、14時くらいに自分宛の外線が。取り次いでくれた同僚によると「センチュリー21の人から」だそう。まったく身に覚えがないが、出ないわけにはいかない。

とりあえず受話器を上げて外線ボタンを押す。すると「センチュリー21、株式会社レイシャスの●● ○○(氏名)ですが…」と名乗ってきた。株式会社レイシャス?本当に身に覚えがないがここは職場。いきなりガチャ切りするのも、周りへの配慮が足りない。とりあえず「お世話になっております」と返すことに。

すると「日暮里で月額8万円ほどの収入が見込める、投資用マンションのご案内をしております」と。ここで営業電話であることが分かった。さらに話が続き「大変メリットも多く、可能でしたらご契約をお願いできないでしょうか」ときた。

…と言っても、突然マンションの話をされても正直困る。しかもいきなり契約の話だ。これには驚いた。ただ、たまたま仕事が詰まっていなかったのと、勧誘電話にちょっと興味があったので(笑)聞いてみることにした。数分だけらしいし。

この株式会社レイシャスの人が勧めてきたのは、投資用ワンルームマンションというもの。恥ずかしながら、初めてそんな商品があることを知った。。。ふつうの賃貸マンションと何が違うのだろうか?そこで、いろいろと質問をしてみることに。まぁ、なにか今後の参考になるかという軽い気持で。

-----この辺りからは記憶薄いです。スミマセン。

おれ「そもそも投資用マンションって何?」
レイシャス「簡単にいえば、アパートの大家さんのワンルームマンション版です」

つまり、自分でマンションを買って、それを他人に貸すことで家賃収入を得るということだ。特別な投資知識も不要で、楽に収入源が追加されるというわけ。そんなにウマイ話はないと思いつつも、ちょっと興味がわいてきた。なにしろ不労所得の話だから(笑)。

さらに良いことがあるらしい。レイシャスの勧誘担当(営業)は、メリットをひとつずつ詳しく説明してくれた。たしか…年金がわりになること、節税(所得税と住民税だっけ?)、生命保険になる、など。

というか、こんなハナシなんてあるのだろうか?毎日働くサラリーマンが嫌になるレベル。ちょっと警戒しながらも話は続いていく。

おれ「でも、都心のマンションって高いじゃん。いくらぐらいするの?」
レイシャス「必要な費用は月々3,000円からで…」

仮に月3,000円だったら、1年で36,000円にしからないじゃないか!マンションの価格は分からないけど、相当な年月を支払っていくことになるような気がする。きっと頭金とか必要なのかもしれない。

ちょっとした不信感もあったので、質問を変えてみた。

おれ「マンションって借りる人がいなければ家賃は入らないでしょ。買ったはいいけど、ずっと空室っていう不安もあるでしょう?」と我ながら鋭い質問。
レイシャス「確かにそれはわかります。一般的な賃貸マンションだって常に入居者がいるわけではありませんからね。投資と言うからにはリスクがあります」と。さらに、

レイシャス「ただ、ご案内している物件は品質が非常に高くて、駅から徒歩2分ほどです。これまでの実績から言って、入居者が途絶えることはほぼないでしょう」とのこと。…まぁ確かにそういえばそうかもしれない。

この辺りで、いろんな意味で興味がわいてきたのが正直な感想。ただ、電話に出てから5分ほど経っていたので切ることに。後日、ケータイに掛けてもらってこっちの疑問や質問をしっかりぶつけてみようではないか。

勧誘電話を聞いてみて

株式会社レイシャスからの勧誘電話の内容不動産投資の勧誘電話は初めて受けたけど、意外にフツーで拍子抜け。

もっとガンガン言い寄られて、怒鳴り散らされて、強引に契約を迫られるものかと期待していたのに(笑)。

なんか友達と話しているような感覚だった…。適当にあしらうつもりが、新しい知識をタダで得た、というのが率直な感想だ。

とりあえず株式会社レイシャスのサイトをメモっておく。

 
勧誘電話のある投資向け不動産会社の評判まとめ